読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PTA参加は任意だ。じゃあ「任意」って何だ?

最初に書いておきますが、PTAに参加しない人を

責めているわけではないです。

私はやりたくてやっているし、自分の所属部で

一度も参加出来なかった人について何とも思わないし、

そういう人も大事な部員さんだし、実際そう伝えたし

本気でそう思ってる。

 

PTAは任意参加なのに強制的に参加させられるのはおかしい、

だから私は参加しません、と言うのも正しいと思う。

私もそこはおかしいと思うし、最初は知らなかったから、

そこのところの認知を広げるのも大事なことかと思う。

勇気ある行動で、素晴らしいとも思う。

 

そのうえで、なんかこう、、、、、

いろいろ書こうとしたけどまとまらないのは、

先日のシンポジウムでも明らかになった

「ターゲットを絞れてない」のと同じだなとふと気づいた。

 

PTAの何が問題なのか、については、

その活動って必要?とか、

そのやり方おかしくね?他のやり方あんじゃね?とか、

任意なのに強制参加っておかしくね?とか、

じゃあPTAは無くなってもいいの?とか、

そもそもPTAの存在意義は?

PTAの目的は?

それってPTAじゃないと出来ないことなの?

などなど、色々だと思うのだ。

 

任意だから参加しません、というのは

「任意なのに強制参加っておかしくね?」の部分に

絞って行動を起こした、ってことだよね。

 

個人の出来ることは限られてる。自分の出来ることを

精一杯やってるだけだ。

ただ、それだけでPTAの問題点のすべてが解決するわけじゃない。

 

ああー、だいぶ論点ずれたな…

でも書いてるうちにちょっとピンと来たような…

 

ひとつだけ、私がPTAやってみて感じたことは、

まだまだ「ヒマな人のやること」の域を出ていないなということ。

でも実際はヒマなんかじゃないのにわざわざ仕事休んで

来てる人もいるし、望んでそうしてるならいいけど

そうとも限らないわけで。

 

乱暴な言い方かもしれないけど、忙しい人ほど参加して、

出来ないことは出来ないと言ったり、

やる事をコンパクトにしたりやり方を簡易化したり

しないことにはいつまでたっても

「ヒマな人のやること」でしかなく、「PTAって大変」なまま

変わらない、というのが私の実感だ。

 

実際、今年度の会長は単身赴任のため、ほとんど

役員会に参加されなかった。それでも成り立つのよほんと。

 

ちなみに私のしたことで言えば(私一人でやったわけじゃない)

・誰も手をつけないまま代々引き継がれてきた資料を

ごっそり捨てた

・書類の保管期限を決め、誰でも分かるようにした

・必要のないタスクをひとつ減らした

・飲み会断った(笑)

小さいことしか出来なかったけど、

やらないよりかはましだったかなあ。

PTAについて論ずるより、今やってる人、

これからやる人の余分なタスクをまず減らして、

「あ、それくらいならやれるかも」ってものにしたかったんだ。

 

そうしてPTAに気軽に参加してみて、

PTAってこういう感じ、っていうのをまず掴んで、

それから色々考えようよ、って流れになるといいなって。

 

その結果かどうかは分からないけど、

私の所属部の次年度の希望者は他部門に比べて

多かったみたいなので、

「気軽にやれそう」

って思ってもらえたのならこれも成功と言えるかな?

自画自賛しておこうw

 

高校のPTAはどうしようかな。

私、高速運転出来ないからな…まあなんとかなるか?