「学ぶ」とは、「いつも通るあの店、しまむらっていうのか」と気づくことと似てる

幼稚園バスが通る道に、しまむらがあります。

字が読めるようになったムスメが、そのうち

その店の名前を読めるようになり、行ってみたいと言うように

なりました。

 

行ってみたら、たくさん服が置いてあって、

お気に入りの服を買って、

おもちゃも少しあって、買ってもらえなくて(笑)

 

と、いつも通っていた道に、こんな世界があったのかと

知ることになったムスメなのでした。

 

そうやって少しずつ、

「いつも目にはしてたけど、それが何か知らなかったもの」

の名前を知り、実際に触れて体験し…ということを

繰り返してきました。

 

学ぶこと、勉強することも、そういうことなのかなって

最近よく思う私です。

 

今ここにあるものについて知ろうとする。

それが輪のように波紋のように広がって、

自分の世界が広がる。

自分の住んでいる家、地域、国、星…と

どこまでも広げていける。

 

大人の私でも、いつも通る道のあの会社は何をしてる

ところなのかとか、知らないことはたくさん。

 

だとすれば、学びに終わりなんてない。

知らないままでいることも、

どんどん知ることも、

もっと深く関わることも、

自分次第なんだなって思う。

 

ってなことを、「しまむら〜」と指差すムスメを見て

ぼんやり思う私を思い出してハッとする今ここの私。

学びはつながるどこまでも。