社交辞令は分かりません

高校生の頃、漫画を描くのが得意だった私は

「絵上手いね!」

「今度私の顔描いて!」とよく言われたものでした。

 

褒めてくれるのは嬉しいんだけど、

ほんとに描いてほしいのか、社交辞令なのか

よく分からなくて困った!

一度も描いたことがないので、きっと社交辞令だったんだと思います。

 

大人になってからもよくあったなー。

「じゃあ、いつにする?」

と手帳開いたらドン引きされたことあったし。

なので、「今度○○しよう」とか言われるのは

あまり本気にしないようにしてます。

 

そういう、あいまいな約束(かどうかもよく分からない)が嫌なので、

今、好きでもない洋裁をやっています。

「ママ、お洋服作って♡」

「うん、分かったよ。もう少しお裁縫上手になったらね」

何度も交わした約束を果たすために。

 

実際、練習と称して刺繍してみたり編み物を教えてもらったり、

小物を作ってみたりはしていたものの、

「服を仕立てる」ことはものすごくハードルが高かった。

満を持して作ったスカートは、ものすごくウエストが小さかった。

今でもムスメにネタにされてます(;´・ω・)

 

あれ、なんか違う話になってるw

ともあれ、遅すぎる約束だけど、

特にムスメが待っているわけでもないけど、

自分のためにやってます。

 

なんかオチないけど(笑)おわり!