「私、運動が苦手なんです」問題についてのぐだぐだ

昨日、学童で関わっていた子と久々に再会した。

親友と一緒に、「何して遊ぶ?」と相談しているところだった。

遊ぶ相談で時間切れとか、小学生あるあるっぽいなあ(笑)

 

色々話す中で、親友の子が「走るの遅いんだよね」という話に。

「小さい頃(幼稚園くらい)はそれに気づかなかったんだよねー」とも。

子どもであっても、自分を客観的に見る目を持っているのだなあ。

 

幼稚園くらいの頃は万能感のようなもので満たされていて、

いろんなことにトライしていくうちに、

「自分には(今はまだ)出来ることと出来ないことがある」という

ある種の挫折感を経て、適切な「有能感」に変化していくのかな…

と思ったりした。

(専門家じゃないので分かりません。あくまで私見)

 

とはいえ、挫折感を味わったまま、適切な有能感を持てないのは

残念だなあ、とも思う。

 

例えばムスメは運動が苦手だと言っているけど、

体力テストの結果を見ると、寮でコツコツやっている腹筋が

効いているようで筋持久力はぐんと上がっているし、

駅からバイト先まで徒歩20分の距離を厭わず歩く。

 

スポーツで言えば、一時期一緒にやっていた卓球は

回を追うごとに上達していたし、

なんならスノボも得意だ。

スノボの腕前は見たことがないので分からないが、

斜面を滑る技術だけじゃなく、リフトに乗ったり降りたり出来ることも

運動能力のひとつと私は思う。

 

ムスメが何を根拠に「運動が苦手」と言うのかと言えば、

運動といえば50M走や鉄棒(逆上がりとか)、縄跳びやマット運動などを

思い浮かべているからではないかと思う。

「苦手な種目がある」というだけで、「運動そのものが苦手」と

思い込むのはとても残念だ。

 

…なんてエラそうに言っているが、私にはムスメをスケート嫌いに

させてしまった苦い経験がある。

あの頃の私は「苦手は克服すべき」という価値観を持っていた。

自分が「頑張って苦手を克服した」経験があったからこそ、

ムスメにもそれを押し付けようとしたのだろうと思う。

完全に逆効果だった。ああ、あの頃の私よ…(苦笑)

 

これは、ムスメが「スケートが出来るようにならなかったこと」や

そのための関わりがまずかったことを嘆いているのではなく、

「もしかしたらスケートを楽しんでいたかもしれない人生」を

ムスメから奪ったことを悔いているのである。

 

まあそれでも、スケートを嫌いなまま生きるのか、

何かのきっかけでやるようになるのか、それすらも

ムスメが選んで生きていくのだけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近況です

お久しぶりです。

簡単に近況を。

 

全寮制の高校に通っているムスメが夏休みで帰省し、

久々に家族3人の生活が戻ってきました。

 

ムスメはバイトを始めました。

夏休み、かきいれ時とあっていきなり忙しかったようですが、

それなりに戦力になっているようです。

 

それ以外は基本インドア。笑

相変わらずです。

インドアなのは私も一緒ですが…

ムスメの方がよっぽど働いてるw

 

私はというと、スマホ依存気味だったのでしばらくシャットアウトして

本も読まず、なるべく予定も入れず人にも会わず…と

引きこもり生活をしてました。ましたっていうか現在進行形。

久々にFB巡ったらやっぱり疲れた。もうしばらく休みます。

 

8月の最終週から学校が始まりましたが、毎週末バイトしに

帰省しております。バイト代、交通費に飛んでいってる(^◇^;)

月イチで1週間まとめて休みがあるので、そこで挽回するそうです。

そして挽回したらしたでまた趣味につぎ込むのだろう…

まあ好きにおし。

 

そんな夏でした。おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

先生とともに作る温かい場。クラス会議セミナー

年1行われている、クラス会議セミナー。今年も参加しました。

先生と保護者が、対立し合うのではなく、温かい雰囲気の

中で話し合い、学び合う場所。

f:id:monimoninomanimani:20170717230624j:image 

開催当時は皆学び始めたばっかりだったけど、

今年は実践報告もたくさんあって、その中で先生が課題に

感じたことを皆で共有してクラス会議形式で話し合い、

解決策を見出していく、ということをしました。

 

自分が課題だと感じてることを、皆が真剣に考えてくれる。

それってすっごい勇気づけ。

これがクラスで行われたら、子どもたちも

勇気に満ちて生きていけるに違いない、そう感じました。

 

今日は「アウトプットが良質なインプットを生む」、と学んだので

フェイスブックには参加者の感想やレポがいっぱい上がると思う(笑)

インプットとアウトプットのバランスについては、

大人になってから学びの場に足を運ぶたびに言われたことだけど、

 

子どもたちはどこで、どんなふうにアウトプットしてるん

だろうなって、ちょっと思った。

なんのために学ぶか、長期的な目標も必要だけど

(たぶんそれも分からないだろうけど)

短期的な目標も大事だよね。細分化ってやつだよね。

小さいことは大きいこと、っていうね。

 

やる気スイッチはどこ?なんて言うけど、

やる気の問題じゃないよなって。

 

こないだ、ママーズの宿題で

「先生にクラス会議って何?って訊かれたらこう答えよう」

っていうのを皆で考えて、実際にクラス会議のことを知らない人に

説明してみよう、ってなお題が出て、聞きたいって言ってくれた人に

片っ端から話してみたんだけど、

 

ママーズで数年かけて学んできたことを、数日でインプットできたっていう。笑

 

おそるべしアウトプットのチカラ。

今までいかに受け身で学んでたかを思い知りました。

 

お昼の休憩のときに、先生方の現場のご苦労について
色々聞かせていただいて、そして思いの外学校に積極的に
関わろうとする保護者に対して好意的に見ていただいてることも
知って、自分の出来ることに思いを馳せました。

 

クラス会議のこと、知らない人っていっぱいいるんだなって

宿題やってみて思ったので、もっと知ってもらって、

今日の参加者もどなたか言われてたけど、

保護者の間でも「クラス会議いいよね」って雰囲気漂ったらいんでない?

それが外堀を埋めることになるんじゃない?と。

 

もっと友達作らなかんかな…(何気に難題・笑)

 

あとなんかないかな。お友達の皆さん、お知恵をお貸しください。

「見て見ぬふりは出来ない」by一尾さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えてもしょうがないけど、でもたまに思うこと

ムスメが小学2年生の頃、一度だけ、学校に行かなかったことがある。

(小学校は不登校ではなかった)

 

確かその時は体調不良で、と連絡した気がするが、

ごめんなさい、ウソでしたw

 

泣く時はトイレにこもって、私の前では決して泣かなかったムスメが、

「今日は行かない!ぜったい行かない!」と泣き叫びながら言ったのだった。

 

ちょうど友達とトラブってた時だったし、もう本人固く決意しちゃってるし、

迷わず休ませたよね。

 

それ以後の日々をあまり記憶してないのだけど、

なぜ休んだのはその日だけだったのか。

 

中学になってようやく「もう行かない」宣言をしたけれど、

もっと早く言えていたら、挫かれない勇気が残されていたろうか。

あの日を境に行かないことを選択していたら、

ムスメはもっと自由に彼女らしく生きられたろうか?

 

学校へ行かなくても大丈夫と思える勇気が、あの頃の私にあったなら。

もしもボックスがあったら使ってみたいよ。笑

 

 

 

 

 

たった1年で辞めた部活が、私の人生を豊かにしている。

ネットニュースで、ブラック部活や部活熱に浮かされる

保護者の話なんかを時々見かける。

皆頑張ってるね。何のために?

 

高校時代、こう見えて(どう見えて?笑)運動部員だった私。

子どもの頃から漫画家を夢見ていたお絵描き大好き女子ゆえ、

家族も当然、私が美術部に入部するだろうと思っていたようだ。

 

が、クラブ紹介で観た先輩のプレイに一目惚れし(女子です)

即日卓球部の門を叩いたのだった。

家族はびっくりしたよね。

まあ私が一番びっくりしたよね。笑

運動はからきしダメだったし、無論卓球の経験だってゼロ

だったんだもんね。

 

で、家族には何故かこっぴどく叱られまして。

結局1年後、アニメ研究部に入りたくて辞めちゃったので

また叱られたよね…( ̄▽ ̄;)

 

今にして思えば、従順だった私の、初めての反抗だったな、あれ。

反抗っていうより、ただただ自分の「好き」に

突き動かされただけだったんだけどね。

 

そんなわけで、卓球はモノにはならなかったけど、

私が唯一得意と言えるスポーツになりました。

 

結婚し、自分の家族が出来てからは、

一家族皆で楽しめるスポーツにもなりました。

 

そういえば、子どもの手が離れて最初に始めた習い事も

卓球でした。

 

今日も、友人たちと卓球やってめちゃくちゃ楽しかった。

 

たった1年で辞めた、あれから30年経った今、

こんなにも私の人生を豊かにしてくれている。

 

始めるも辞めるも、私が決めた。

 

皆頑張ってるね、部活。

何のために?

 

 

 

 

 

 

 

ムスメが高校入ったら、急に地域から宙ぶらりんになった気がする

出産し、育児が始まると、

「社会から取り残されてるような気がする」

とはよく聞く話だ。

 

私の場合はその逆で、それまでは会社と家の往復だったのが、

子どもを通じて地域と触れ合うようになったり、

それまで知らなかった市政や行政について知ったり

関心を持ったりするようになり、

「社会とつながった、自分の世界が広がった」という感覚を

覚えたものだ。

(ママ友とはつながれなかったが・笑)

 

だがしかし、ムスメが義務教育を終え、市外の高校へ入学し、

夫婦2人のフリーダムすぎる日常に慣れてくると(笑)

なんとなくタイトルのように感じるようになってきた。

 

そう、地域とのつながりはあくまで

「子どもを通じて」だったのだ。

子どもが家を離れた今、私は何をもって地域とつながるのだ?

(まあ「地域とつながる」とはどういうことか、はちょっと置いといて)

 

……

考えてても答えは出ない。

まあ、よい気づきは得たと思う。

まだ仕事もしてないし、これから模索していこう。

 

 

「料理やっててよかった」って、言うほどやってないだろって話

昨日、珍しくムスメから、物乞いではないLINEが来た。笑

 

授業で山菜を扱ったようで、授業後自分で作った

天ぷらが美味いと。

 

なんのこっちゃな話だが、おそらく言いたかったのは

本文にもあった「料理やっててよかった」ってことなんだろう。

 

が、

 

ムスメは言うほど料理が出来るわけじゃない。笑

 

小さい頃からお手伝いさせてます、っていうご家庭の

お子さんはやはり料理上手だが、

我が家はそれほど熱心に手伝わせたことはない。

 

なのになぜだか「私は料理が出来る」という、

「根拠のない自信」で溢れかえっているのだ。笑

 

これも想像だが、たまたま手伝ってもらった時に

一緒に楽しくやったとか、ありがとうって言ったとか、

一緒に楽しく食べたとか、それこそ失敗しても笑い飛ばしたとか、

とにかく料理に対して「いいイメージ」を持っているのかなと。

 

どんなことも「勇気さえくじかなければ」

自信につながるのだ、きっと。

 

たまたま料理に関して勇気をくじかれることが

なかったのだろう。ま、それはともかく、

中学生になってからはツクルでの毎日の生活の中で

実際に力をつけていったと思う。

 

ツクルで作る料理は「ハレとケ」で言うたら「ケ」の料理だ。

地味で気取りがなく、なんならいつも美味しいとは限らない(笑)

毎日家庭で作るような料理。

気負いなく、淡々と作っていたように思う。

 

長々と書いたけど、言いたかったのは、

小さい頃は自分がやったほうが早いから、あんまり

料理をさせてこなかった…からと言って、

だからお子さんが料理が出来ないのだ、と決めつけたり

させなかった自分を責めなくてもいんじゃね?ってことです。

 

大きくなってからだと手先も器用に使えるようにも

なるので、安心して見ていられるし(笑)

実際仕事で忙しい親はそんなにのんびり

見守っていられないはずなので。

 

どのみち、いずれは生きるためにはやることなのでね。

結婚するまで包丁握ったことなかった私でも、

アレルギーっ子を育てられたしね。

大丈夫。